手を取り合い、共に発展を

COVID‑19(新型コロナウイルス)
パンデミックの進行に適応

バーチャルトライアル
ソリューション

Direct-to-Patient
被験者への直接配送により、ハイブリッドと
バーチャルトライアルを実現

お客様に満足いただける特徴

不測の事態にも対応できる機敏性

モジュール方式

複雑な臨床試験を迅速に立ち上げ

被験者に集中できるよう、安心をお届け

モジュール方式:複雑な試験の
立ち上げを迅速化

Suvodaのサービスチームは、モジュール方式アーキテクチャを使用して、どんなに複雑な臨床試験であっても、要件定義からUATに至るまで最短6週間で実現することができます。

タイムライン

設定変更だけが可能なシステムか、カスタマイズされたソリューションか、
二者択一で縛られる必要はありません。

Suvodaはモジュール方式を採用しているため、両方のメリットを提供することができます。これに加えて、再利用可能なモジュールライブラリがあるため、将来性のある標準と効果的なタイムラインをいつでも実現することができます。

以前の臨床試験では、当時のIRTベンダーと協力して進めていくのは
本当に困難でした。今回の臨床試験では、Suvodaに変更しただけで臨床試験管理におけるアプローチや体験が全く違うものに
変化した事が、チームの間では何度も話題に上がりました。

— Barbara Zaugg (Manager Clinical Operations, Formerly Onyx Pharmaceuticals)
詳しくはこちら

お客様に満足いただける特徴:不測の事態にも対応できる機敏性

想定外の事態を想定し、未知の事象を管理する。

複雑な臨床試験を実施する際、未来を予知することはできませんが、今や未来を予知する必要はなくなりました。Suvodaの最高クラスの機能を利用することで、臨床プログラムにおいて想定外の事態が発生した場合にも、自信を持って対応することができます。臨床試験途中に用量レベルを上げる必要が生じた場合でも、あるいはオンコロジー試験でサイクルを動的に拡張する必要が生じた場合でも、Suvoda IRTシステムは試験中に必ず起きる未知のできごとを切り抜けられるようにお客様をサポートします。

詳しくはこちら

Trial Intelligence:データを
より深い洞察に変換

Suvoda Trial Intelligenceは、臨床試験の現在と過去の試験に関する知見を提供します。複数の臨床試験の主要なデータポイント、KPI、および傾向が、1つに統合されたインターフェイスで提示されるため、情報に基づいた意思決定を下すことができ、単一試験あるいは臨床プログラム全体において効果的に管理することができます。

比類ないコントロールおよび優れたレポート機能

治験実施施設の実績を試験全体にわたって追跡、測定、評価

単一試験および臨床試験全体のデータや傾向を視覚化

KPI、評価基準、傾向を用いて、治験実績に関する知見を取得

より良い意思決定を迅速に行い、臨床試験を計画、実行

詳しくはこちら

デモをご希望ですか?

Suvoda IRT with Trial Intelligenceの全てをご覧いただけます。

以下のリンクからデモをご依頼いただけます。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software