手を取り合い、共に発展を

COVID-19(新型コロナウイルス)による
グローバルな臨床試験業務への影響

CEOからのメッセージ:COVID-19パンデミックの進行に適応

COVID-19(新型コロナウイルス)の大流行により、製薬およびバイオテクノロジー業界は、ビジネス慣行と日常生活の両方において、現行および長期的な優先事項を再考慮する必要があります。弊社では、臨床試験の実施に伴うリスクを軽減するための適応戦略について、クライアントと積極的に協議しています。クライアントと臨床試験スタッフが患者様の安全確保に注力できるように、弊社サービスチームは必要な行動を続けています。

米国食品医薬品局(FDA)ならびに国や地域の医薬品当局による最新のガイダンスをご確認いただくことを奨励いたします。それに応じてSuvodaは、クライアントが治験実施計画書のニーズの変化や臨床サプライチェーンの混乱に対応し、必要に応じて緊急対策を文書化できるようサポートしてまいります。弊社は、COVID-19対応チーム(CRT)を結成して地域ごとの影響を監視し、政府命令と足並みをそろえ、それに応じて変更を伝えています。 

状況の展開を積極的に監視しながら、従業員の安全と健康を優先し、クライアントの治験/臨床試験の中断リスクを最小限に抑えるために、多くの社内イニシアチブを実施しています。弊社では、以下の取り組みを行っています。

  • 世界中の従業員に在宅勤務を指示。弊社のチームとITインフラは、安全にテレワークを行う設備が整っています。
  • コロナウイルス関連の事業継続および対応計画において、部門固有の緩和戦略を策定 
  • コロナウイルスに関する情報提供および運用委員会を設置し、人員配置レベルと供給への影響を監視 
  • スタッフの配置と役割の冗長性分析に基づいて、重要なビジネス機能に関する従業員のクロストレーニング計画を実施 
  • 従業員のセルフケアを奨励し、ストレスに対処するための社内リソースを提供
  • あらゆる地域や国の命令とガイダンスに準拠

これまで以上に、弊社は企業としての使命と価値観に忠実であり続けます。平常時より、Suvodaのチームは、複雑な問題に対する創造的なソリューションの実施に取り組んでおります。このような状況下においても、私たちは勤勉であり続けます。これまでと同様に、お客様が引き続きより迅速に効率的に患者様に治療を施すことができるように、私たちはシームレスかつ優れたサービスを提供することに注力してまいります。

グローバルな治験/臨床試験業務のより容易な実行を可能とすることにで、弊社はお客様にサービスを提供し続けます。私たちは常に適応する必要性を強調してまいりました。そして、バイオ医薬品業界の企業が業界の劇的な変化に対して進化し続けることができるようサポートすることを決意しております。私たちは一丸となって対応していく所存です。 

なお、IRTを使用してリスクに対応し、治験実施計画書と治験実施の変更を文書化する方法についてご質問がある場合は、担当のSuvodaプロジェクトマネージャーまたは営業担当者にお問い合わせください。

   

ジャガス ワニナヤカ
社長 兼 最高経営責任者

 

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software