被験者への薬剤直接出荷

IRTにおける臨床試験サプライチェーンの分散化により、被験者の定着率を高めるとともに、治験実施施設への来院を最小限に抑え、治験薬のロスを削減します。
 

臨床試験のサプライチェーンにPatient Cenrticityを構築します。

在宅での投与(自己投与、介護者・訪問医療の利用)を可能にすることは、Patient Centricityにおいて重要なポイントです。

このような分散型またはハイブリッド型試験は、被験者の所在や社会経済的な状況に関係なく、被験者へのアクセスを拡大する強力な手段となり得ます。より多様で包括的な臨床試験を構築することで、見落としがちな有効性と安全性のシグナルに気付くことが可能となり、新しい治療法が将来の被験者にどのような影響を与えるかを理解するのに役立ちます。

それが、Suvoda IRTのDirect-to-Patient Shippingモジュールのゴールです。100%分散型の臨床試験であろうと、治験実施施設と自宅のハイブリッド型試験であろうと、優れたeClinicalおよびデポ管理プラットフォームと統合し、被験者と治験薬の物流をシームレスに管理できるほか、時間とコストの大幅な節約も可能です。

規制当局が定める各国ごとのポリシーの遵守

被験者への薬剤直接出荷は、臨床試験の世界では比較的新しい試みで、なおかつ複雑と言えます。Suvodaのクライアント・サービス・チームは、臨床試験独自のプロトコルをサポートし、GCPとGMPを遵守しながら、地域や国の規制に基づいて必要なIRT構成を特定し、お客様の臨床試験チームを支援します。

Suvoda IRT Direct-to-Patient Shippingモジュールの最大の強みは、出荷のキャンセルや臨時の出荷要求といった、分散型の臨床試験サプライチェーンモデルのシナリオにおいても対応し、被験者のプライバシーを守り、試験の盲検性を維持するように設計されていることです。

関連するインサイト

被験者や試験チームの利便性を向上

デモはこちら

Suvodaが提供するサービスについて詳細をご希望ですか?以下のフォームに必要事項を記入して送信ください。折り返し、ご連絡致します。(日本語の入力には対応しておりません。お手数ですが、英語にて必要事項をご入力ください。)

必須項目*

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software