Hindsight 2020: 分散化とサプライチェーン傾向の評価

2020年に、トップ25の製薬会社であるBiogen社と GSK社、そしてベンダーであるPCI Clinical Sercices社とSuvodaのパネリストが集合し、臨床サプライチェーンへの適応が、未来の臨床業務をどのように形作るのか議論しました。

そして2021年、パンデミックの影響を受ける中、試験デザインの緊急実装のための最もベストな方法とサプライチェーン戦略のトレンドを探索し続けた1年を振り返りました。我々の社会がCOVID-19の影響を超える中、どの臨床業務のトレンドが残り、そして新たに生じるかについて話し合いました。

この事例から得られる情報

  • 柔軟性と分散化に対するニーズの増加に対応するために、試験デザインやサンプライチェーン戦略がどのように変化したのか
  • 過去1年以上にわたる臨床サプライチェーンの進化のどの部分が、より永続的になったのか
  • サプライチェーンの効率化と分散型臨床試験管理のために学んだ教訓
  • 規制、ロジスティクス、流通、ベンダーコラボレーションの観点から、分散型モデルがどのように進化したか

公開 2021年6月

 

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software