初期段階のオンコロジー試験の管理と効率的な薬剤再供給

IRTがますます複雑になるワークフローの合理化にどのように役立つか、サプライチェーンの専門家から学びます。

webinar-managing-early-phase-oncology-trials-2021初期段階のオンコロジー試験における薬剤供給は、数多くの複雑さをもたらす可能性があります。これらの複雑さを軽減し、課題を管理する方法とは一体何でしょうか?サプライチェーンを最適化し、極めて重要な初期段階の臨床試験で柔軟性を維持するにはどのようにすればいいでしょうか?

In this panel discussion, Bryan O'Neill, Daiichi-Sankyo, and Kim Davis, Corcept Therapeutics discuss how they are able to manage through a number of difficult scenarios in small sample size trials with cutting-edge clinical software.

この事例から得られる情報

  • IRTによる自動化とダイナミックな技術が運用を合理化する方法
  • 試験途中の変更と試験を円滑に実行し続ける過程
  • 効率的なロジスティクスを確かなものにするための再登録、ロールオーバー、その他の戦略
  • リソース使用率を最大化するためのオンデマンド製造およびその他のサプライチェーンソリューション

 

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software