オンコロジー試験のためのIRT

複雑なオンコロジー試験向け構築

オンコロジー試験に関しては、柔軟性が必要です。SuvodaのIRTは、数多くの重要な機能の動的管理を臨床チームと治験実施施設に提供します。

  • scheduling-icon_1
    動的な来院スケジュールおよびサイクルの拡張

    来院スケジュールの期間を変更することで中断を回避します。サイクル拡張を自動化して、試験を継続します。

  • cohort-icon
    高度なコホート管理

    試験途中で中断することなく、コホートを追加および削除できます。被験者数の変化に追従するため、オープンコホート登録のバランスをとります。

  • dose-mgmt-icon
    用量および調剤管理

    試験全体を通じて治療群の用量を変更します。必要に応じて、用量と調剤設定を追加または変更します。

  • comparator-icon
    対照薬およびアジュバンド療法

    治験実施施設や国全体で複数の対照薬治療の調達を調整します。治験実施計画書の基準を使用してアジュバンド群への無作為化を自動化します。

  • disease-types-icon
    バスケット試験における疾患種別の管理

    リアルタイムなコホート自動調整を可能とするIRTの設計により、試験の複雑さや不確かさを軽減します。ベイジアン解析を使用した、コホート内外の漏斗疾患の状況と腫瘍の種類。

私たちはオンコロジーのスペシャリストです

studies_1
260
オンコロジーに関する試験
がん患者が6倍
46k
世界のがん患者
study-exp2
90%
オンコロジーの経験を持つチームメンバー
初期相の試験が6倍
45%
複雑な初期相の試験

curis-logo-1

Curis社がSuvoda IRTを使用して、複雑なオンコロジー試験におけるリスクをどのように軽減したかをご覧ください

デモをご希望ですか?

Suvoda IRTがどのようにしてオンコロジー試験を簡単にできるのかお見せします。

以下のリンクからデモをご依頼いただけます。 

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software