温度逸脱管理

Suvoda IRTを使用して、試験チームと治験実施施設は、温度に敏感な薬剤管理にかかる処理時間を短縮し、エラーを減らすことができます。配送中および施設在庫の薬剤ステータスをユーザーが簡単に追跡できる自動化されたソリューションを提供します。

temp-icon_1@2x

逸脱基準のカスタマイズ

最低/最高温度閾値

逸脱イベントの時間制限と期間

任意に基準を作成/更新できる柔軟性

speed-icon@2x

逸脱確認の合理化

温度データを薬剤IDに登録

リアルタイムな薬剤ユニットの自動ステータス更新(例. 隔離)

visibility-icon_1@2x

視認性の
改善

試験チームおよび治験実施施設に逸脱を自動的に警告

盲検および非盲検レポートを生成

温度逸脱管理のレベル

Suvoda IRTで温度逸脱を管理するには、以下のような複数の方法があります。

IRT-Temperature-Management-RTSM
IRT-Temperature-Management-RTSM-mobile

デポから治験実施施設への自動コールドチェーン供給

Suvoda IRTは、温度データロガー、温度モニタリングソフトウェア、およびデポ配送ソリューションと簡単に統合し、シームレスな温度管理ワークフローを提供するように構築されています。

IRT-tem-infographic
temp-infographic_mobile

29日も要したマニュアルプロセスが
どのようにして1日で完了する
自動ソリューションになったのかご覧ください。

デモをご希望ですか?

Suvoda IRT with Trial Intelligenceの全てをご覧いただけます。

以下のリンクからデモをご依頼いただけます。 

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software