温度逸脱管理

IRTにより、厳しい温度管理が求められる治験薬を自動モニタリングし、生産性の向上、エラーの減少、安全性の向上を実現します。
 

デポから施設までの低温物流を自動化します。

オンコロジー、中枢神経系、希少疾患などの分野で開発されている新規治療薬の性質を考えると、高価値かつ高コストで、徹底した温度管理が求められる治験薬の出荷は臨床試験の常識です。

Suvoda IRT温度逸脱管理モジュールは、その課題に焦点を当てており、温度データロガー、温度モニタリングソフトウェア、デポ供給ソリューションと簡単に統合できるように構築されています。これにより、試験および施設チームにシームレスな温度管理ワークフローを提供することができます。

お客様の臨床試験に適した管理レベルを選択できます。

ワークフローを効率化し、現場の生産性を向上させたいだけですか?または、手作業による入力ミスのリスクを減らしたいですか?それとも、安全性や有効性に関する懸念を軽減したいですか?上記のすべてを実現する必要がありますか?

複雑な臨床試験においてIRTソリューションを活用するにしても、1つのサイズですべてに対応できるわけではありません。お客様のニーズに応じて、温度逸脱管理機能をカスタマイズして提供します。

2-3
リスクマネジメントの分析や革新的な方法を提供してくれるのが素晴らしいですね。Suvodaが蓄積してきた知識を惜しみなく提供してくれますし、試験の流れを良くするためのプロセス定義もサポートしてくれます。"
Clinical Data Manager
関連するインサイト

29日間かかっていたプロセスを1日に短縮

デモはこちら

Suvodaが提供するサービスについて詳細をご希望ですか?以下のフォームに必要事項を記入して送信ください。折り返し、ご連絡致します。(日本語の入力には対応しておりません。お手数ですが、英語にて必要事項をご入力ください。)

必須項目*

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software